お葬式を依頼したい
ご依頼いただくお葬式のほとんどは私共を良くご存知の方々からのご紹介です。

それは「一妙寺のお葬式」を見られて、そこに他に無い良さを見出していただけたからだと思います。私共とのお付き合いがご紹介という形で信頼をいただき、繋がっていることは私共の大きな財産です。
法事を依頼したい
私たち僧侶は大切なご家族を亡くし悲しまれているご遺族様のマイナスな感情が少しでもゼロに近づけるよう努力することを生き方としております。そしてご遺族様も私たち僧侶を救ってくださっているのです。
永代供養を依頼したい
一妙寺では「永代供養」を受け付けております。経済的な御事情や後継者の問題でお墓を建立することが難しい方への御案内です。

住職の顔が見えるお寺・心に残るお話し・お経の声と伽羅の香が沁みた本堂です。椅子席と床暖房をご用意しておりますのでどなた様も安心してお越しください。

檀家ゼロでもお寺ができた!一妙寺の活動理念

僧侶として誇りをもって、皆様の求める以上の仏事を緊張感と責任をもってお勤めさせていただきます。

お布施の金額はご心配なく。安価でも喜んでお勤めさせていただきます。

お葬式では現代語訳した引導文や戒名説明書の作成など、分かるお葬式、見えるお葬式を目指します。

Activity アクティビティ 疫病退散の帝釈天を勧請(かんじょう)

一妙寺では毎日、疫病への御利益がある帝釈天を祀り「新型コロナウィルス疫病退散」をお祈りしております。

帝釈天は仏教に登場する神さまのお一人で、須弥山(しゅみせん)の頂上にある喜見城(きけんじょう)に住みます。千里眼でもって人間を観察し、賞罰を審議する仏教の中でもとても偉い神さまです。

人類は昔から目に見えない感染症との闘いの連続であり、江戸時代のお坊さんは帝釈天の板本尊を背負い、町を歩き、その御利益を町衆授けました。疫病も仏様の御利益も目に見えないもの。目に見えないものはスルッと人の心や体に入ってきます。

私たちも新しい生活様式を取り入れ、この感染症とうまく付き合っていかなければなりません。帝釈天へお経、お題目をたくさんあげ、み教えを請い、平穏を祈り続けたいと思います。