第82回お経と法話の会 春季彼岸法要 

春のお彼岸法要を信徒の皆さまとお勤めさせていただきました、あいにくの雨天となりましたが皆さまよくお集まりくださいました。

私たちはお彼岸を迎えますとご先祖様の供養の為にお墓参りへ出かけます。僧侶に読経をお願いし、花を供え、線香を手向け、合掌致します。これらは全てこちら側の世界から発信された供養の仕方です。

では向こうの世界からみた供養の在り方とは何か。それは自分の心には仏様の種が宿っており、ご先祖様と繋がっていることを信じること。その為にこの心を正しく保つこと。これが向こうの世界からみた供養の在り方です。

法要後は皆さまと牡丹餅をいただきました。

2017年03月26日