第72回お経と法話の会 御殿場感応寺参拝 

今月のお経の会は御殿場市 感応寺さまへお参りさせて頂きました。霊峰富士の懐に包みこまれたようなご本堂に感応寺副住職さま、総代さま、世話役の皆さまが温かく私どもをお迎えくださいました。

感応寺の副住職さまと私はその昔、身延山にて同じ釜の飯を食した法友でございます。20年前、修行に明け暮れていた私たちが檀信徒を引き連れて、互いの寺を参拝しあう感動は筆舌にはつくせません。この喜びは総代さまより賜りました「感応寺と一妙寺は兄弟です」というお言葉にまとめられます。確かにこうやってみると2人は似てますね。

 

お勤めの後は郷土料理である「みくりや蕎麦」と地の物をふんだんに使った懐石料理に舌鼓をうちました。

 

2016年05月23日