第27回お経と法話の会 

宗祖日蓮大聖人第731遠忌の御報恩会式を併せて執り行いました。
大きな御本尊はお経をあげてもあげても足りません。私ひとりでは力不足と感じていた折に、信徒さんが大きな声でお経をあげてくださいました。

背中を押される声は頼もしく、「今度本堂をお借りできませんか?私にもお経をあげさせてください」ーその声はまるで、通りが悪くなった動脈を別の血管でつなぐバイパス手術のように、一妙寺を守ろうとする人々の信仰があの手この手で仏前に捧げられます。これが731遠忌を迎えられましたお祖師様への御報恩となりますように。

2012年10月28日