第19回お経と法話の会 春季彼岸法要 

ようやくお彼岸です、極寒は和らぎ、日差しも明るさを増してまいりました。命が芽吹く季節に私達は何を思いますでしょうか。

がれきの処理が進まない列島ではありますが、津波被害にあった田んぼにカエルが戻ってきているようです。命にぎわう春が巡ってきました。自然や生き物の一大勢力に敬服しながら私達は人として、3月11日の一周忌法要を執り行いました。

2012年03月25日