第104回お経と法話の会 日蓮宗大荒行堂参拝

今月のお経の会は、日蓮宗大荒行堂へ参拝し、加行僧の方より御祈祷を頂戴致しました。私は普段、暖房の効いた部屋の中でぬくぬくと生きております。日頃、東京西部修法師会にてご指導いただいているお上人さま方の頑張っておられるお背中を拝し、普段の自分が恥ずかしくなってしまいまいした。

荒行僧の方は体力が低下されておられます。そんな体調にもかかわらず御祈祷ではひとりひとりのお名前を読み上げてくださいましたこと、面会の際にわたしどもの目線に立ってお話いただきましたこと、各自にお札までお書きくださり、本当にありがたい一日を過ごすことができました。

何もできませんが、加行僧の皆さま無事のご成満を心よりお祈りいたしております。

 

荒行堂参拝にあたり、ご信徒の皆さまが一妙寺へお納めくださる淨財を修行僧の方へお布施とて包ませていただきましたら、ご覧のような立派な感謝状をいただいてしまいました。

また来年もご信徒の皆様と参拝させていただけるよう、頑張ってゆきたいと思います。

 

2018年12月22日