浄財懇志の御芳名額

一妙寺本堂落慶に伴い、浄財懇志御芳名額が完成し、これまでに寄付金をお納めいただきました方、及び地鎮祭、上棟式にてお祝いをお包みくださいました方の御芳名を掲示させていただきました。

飲食店等はオーナーが自分の店を開く際、お客様に寄付金をお願いすることはありません。何故、神社仏閣は寄付を募るのでしょうか。

それはお寺の土地や建物は住職の個人財産ではないからです。公益性という観点から宗教活動が維持継続されていく為に「みんなの財産」となります。

一妙寺の場合も住職が個人名で組んだ銀行からの借入を建築費用に充てましたが、将来的には礼拝施設が法律で認められた信仰の拠点、いわゆる法人所有(土地、建物が住職の子孫へ相続や贈与の対象にならない)にすることを目的としております。なので住職だけの個人負担ではなく、一妙寺を応援してくださる皆さまからの寄付金をもって事業を進めることが望ましいのです。

一妙寺本堂建築浄財のご協力を頂けます方はありがたく寄付金を拝受いたします。


2014年09月15日