餓鬼のお話

餓鬼とは心の中に穴が空いていることを申します。心の穴とは何か、それは「自分のことが好きになれない感情」これが心の穴です。
 
 皆さまはご自身のことがお好きですか、自分のことが好きかどうかすぐ分かる方法があるんですよ。自分とそっくりの人がいたとします、考え方も振る舞いも。その方と一日過ごせるかどうかなんです。

 人間の心の穴を埋めるものは愛しかありません。心の穴を物質で埋めようとなさると全ての人は貪欲に堕ちます。

 我々は自分の人生を測る尺度がどれだけ社会的に評価されているか、どれだけ財を蓄えてるかで自分の人生を測ってしまいます。そうではなくて、自分はどれだけ人に優しくできたか、どれだけ人の為に役に立てたかで自分の人生を評価するという尺度で生きてる方って少ないですよね。

 確かに物やお金、食物がなければ生きていけないことは事実ですけど、それが最優先されてはいけない、反対に愛の心で生きていれば必要なものは授かるという、そういうことが確信にならなければいけません。

 自分の死後に自分の世界に作るものは何かというと、今生で心から愛したものに限ります。愛している人と死別なさった方はご自分が向こうの世界に行かれたときに会うことができます。

 なぜなら、あちらの世界はこちらの世界で愛したものが全て再生される世界なのです。

2014年01月15日