平成26年の年賀状

新年あけましておめでとうございます。

おせち料理にお雑煮、お正月は美味しいものがたくさん並びますが、3歳の娘にとっては正月料理よりも母親の握るおにぎりのほうが好みのようです。

前に1度だけ娘におにぎりを握ってあげたことがありますが、「お母さんのほうがおいしい」といわれてしまいました。
理由を尋ねてみると「だって手が違うんだもん」。

娘の手を優しく握る手、温もりのある温かい手、なるほど、尊いのは合掌だけではなさそうです。

「てのひらを太陽にすかしてみれば まっかに流れるぼくの血潮」

今年は手を合わせるだけでなく、血の通う手と手のつながりを大切にしていきたいと思います。
本年もよろしくお願い致します。

2014年01月01日