一妙寺のお盆飾り

お盆の季節を迎え本堂にお盆飾りを設えました。アクリル板にお水、スケルトンほおずき・・・透明なものばかりです。

「姿カタチの見えないものにも心を尽くす」というお盆の教えに則り、透明なものを集めてみました。

 

私たちはこちらの世界におりますと、物質社会ですからつい合理や生産性で生きてしまいます。合理とは少ないエネルギーで大きな成果を生むこと。

向こうの世界は座標であらわすと、こちらの世界とは反対の位置に点が打たれますので、合理とは反対の生き方となります。多くのエネルギーを使うが成果の少ないこと。

 

非生産的かもしれませんが、そんなことありません。心根のバランスを正しく保つために必要な教え、それが年一回のお盆供養です。

 

2016年08月01日