開教偈のお話【6】

「有智無智、罪を滅し善を生ず」

智慧のある者も智慧のない者も、法華経の教えを信じ、己れの仏性を大切に育てる努力を惜しまないならば、これまでの罪は供養され善根功徳を生ずるであろうという意味です。

人は自分をどう評価するかによって、他人への接し方が決まります。自分の我欲を満たすという意味で大切にするのではなく、己の本性は聖なる霊であると信じ、その霊性を汚すまい、願わくは輝かせたいと思って自分を大切にするとき、自然に他人に対する深い敬意が生まれてきます。

 

法華経信仰をする人は己の慢心を戒めて、他を尊ぶ礼拝行の徹しなければなりません。「一切の人を観ること猶お仏の想の如くし、諸の衆生に於て父母の想の如くせよ」というのが法華経信仰の生き方の真髄です。

2016年03月01日