法事を依頼したい

伽羅のお香がかぐわしく、「南無妙法蓮華経」というお題目が声高らかにあがる一妙寺の本堂。漆喰の壁と白を基調とした本堂には椅子席と床暖房をしつらえました。

私たち僧侶は大切なご家族を亡くし悲しまれているご遺族様のマイナスな感情が少しでもゼロに近づけるよう努力することを生き方としております。そしてご遺族様も私たち僧侶を救ってくださっているのです。

なぜなら手間暇と丹誠を込めたご供養をお勤めすることこそが私がお坊さんでいられる由縁であるからです。普段お寺にいても何もない日が続けば僧侶としての存在意義を失い空虚感に襲われます。


ゼロからスタートした一妙寺は設立当初の苦労とご縁をいただける有り難さを忘れず、誠心誠意お勤めさせていただきます。

 

皆様にご準備いただくもの

■お布施(金額はご相談くださいませ)

■お位牌 49日忌法要では白木位牌と新しく作られた塗位牌と、両方ご準備願います。お位牌は向こうの世界にいる霊魂とこちらの世界を繋ぐ携帯電話のような役割がございます。法要では仮の位牌から本位牌へ機種変更致します。

■ご遺影 一妙寺本堂でお勤めの場合は、葬儀の祭壇にお飾りした大きい写真をお持ちくださいませ。

■お供物 菓子と果物が一般的ですが、故人様がお好きだったものなどでも結構です。

 

お花へのこだわり

仏教では「灯、香、花」をとても大切にするのですよ。仏花にアレンジを加え御供養の支度を整えます。

お坊さんが焚く「お香」もその種類はいろいろ。御法要開始までその香の違いをお楽しみください。